タイトル

時計に関する情報が満載!

時計の動力は電池や電池以外もある

腕時計には種類がありますが、特に動力についてはいくつかのタイプがあります。
一つがソーラーパワーです。
これは真っ暗な状況でなければ光を取り込んで電気エネルギーに変えるタイプですので、明るい場所では安心です。
ただソーラーパワーだけで動かそうとすると夜は動かなくなってしまうため、電池と併用されているものがほとんどです。
また、ボタン電池が入っていてそれで動くタイプもあります。
時計によってその寿命は様々ですが2年から3年というのが一般的なようで、動かなくなったら交換するという手間は必要になります。
もう一つが自動巻タイプです。
時計を腕にはめて日常生活をすることによって、その振動で自動的にバネがまかれる仕組みとなっているため電池を必要としないというメリットがありますが、外して振動しない状態で放置しておくと動かなくなってしまうというデメリットはあります。
そのため、外している時に振動を与えるような収納機器があり、それを利用して外している間も動かし続けるようにしている人もいます。

時計の動力は電池の他にもある

腕時計の動力には、大きく分け 三つの動力があり、最もオーソドックスなものは、電池を動力とするものです。
超小型の電池が使われていて、3年以上動作するものが多く見られます。
こういったものは、安価なものに多く見受けられます。
二つ目のパターンは ソーラーパネルを利用したものです。
ソーラーパネルで発電した電気を動力とするため、基本的には動力が切れません。
夜など、真っ暗闇では発電できないために、まったく利用ができないという欠点もあります。
三つ目の動力としては、ゼンマイ式の自動巻きが上げられます。
腕時計が揺れることにより、ゼンマイで動力に変える仕組みであり、非常に歴史が深い動力です。
揺れることで動力を発生させるため、昼夜関係なく動作してくれます。
この方式は、高級腕時計で多くもちいられ、利用するたびに、時間合わせが必要である欠点もありますので、常時振動を与え続ける、専用の収納ボックスも発売されていますので、有効に活用する方がいいでしょう。

Favorite

白金台の賃貸マンションで1LDKの即入居可能物件を検索

最終更新日:2017/8/28

Copyright 2015  12時の魔法  All Right Reserverd.