タイトル

時計に関する情報が満載!

モテる時計のつけ方はミックス主義

全身をブランドで固めた人が、決してステキには見えないように、手元でもそのセオリーは同じことです。
高価な時計にダイヤモンド、そしてルビーのリングというようなゴージャスな組み合わせはマダムでもまだ無理で、筋が浮き、人生の年輪が刻まれた手にこそ似合います。
トゥーマッチなゴージャスは、「その人自身」がハッキリしていないと、借りてきたものみたいに見えてしまうからです。
例えば、アンティークな時計にゴールドのバングルとオニキスのバングル、シルバーのブレスレットにパールとウッドのブレスレットなど、ブランドも素材も色さえも、自分なりにミックするのがよいでしょう。
この組み合わせは、ジーンズにカシミアのニットのシンプルスタイルにも、ベアトップのジャージーのドレスにも、どんな格好のときにも実はしっくりくるのです。
だから、決して忘れることなく、毎朝必ず身につけるようになります。
「ブランドの」ではなく、「自分に似合うから毎日つけている」というのが、モテる時計のつけ方です。

モテる時計はセンスある時計

腕時計は、別に無くても生活に支障がでるものではありません。
あればすぐに時間を確認できるものではありますが、ただちに困るものでもありません。
つまり、腕時計は、それ自体がステースではないでしょうか。
さらに、その販売価格はぴんからきりまであり、高級なものであれば、一軒の家より高級なものまであり、ステータスとしての要素が非常に強くなっています。
この「ステータス」をうまく利用すれば、異性にモテることも可能だといえます。
例えば一つが100万円以上もするものなどは、詳しくない人がみても高級なものであると認識できるほどのつくりになっています。
ですから、それを腕に身に着けているだけで、誰でもわかるように「高収入」であると主張できます。
高収入であるということは、モテるためのひとつの要素ですから、これはクリアできるわけです。
さらに、腕時計だけが高級なものではいけませんので、それに見合った品のあるコーディネートが、モテるための最大の要素だといえます。

Valuable information

胡蝶蘭

Last update:2018/8/9

Copyright 2015  12時の魔法  All Right Reserverd.